川西市の歯科医院/矯正歯科/小児矯正/歯科/ 兵庫県川西市 歯科医院

川西市歯科医院 えいじ歯科

えいじ歯科サイトマップ
えいじ歯科お薦めリンク
えいじ歯科の診療科目一覧をご覧頂けます
当院の方針&設備紹介をご覧頂けます
えいじ歯科の求人情報がご覧頂けます
えいじ歯科にご来院にご利用下さい
疑問や不安などメールにてご相談下さい

えいじ歯科

〒666-0033
兵庫県川西市栄町12-8
三宝クリニックビル5F
TEL:072-756-7001
地図をご覧いただけます。
診療時間
えいじ歯科求人情報がご覧頂けます

川西市 歯科医院

小児矯正詳細ページへ
矯正歯科
矯正歯科
TOP > 診療科目一覧 > 矯正
矯正歯科とは?
矯正歯科はなぜ必要?
 
最近の学校歯科健診では、今までのようにむし歯をチェックするだけではありません。歯周疾患や歯並びについても、詳しく保護者に知らせるようになりました。それだけ歯並びの大切さが、深く認識されるようになってきたのです。
歯並びが悪ければ、咬み合わせも悪いので、全身の健康に大きな影響を与えます。それは肉体的なものばかりではなく、精神的にも大きな負担となります。豊かな顔の表情を大切にする欧米では、健康的で整ったきれいな歯並びが常識になっています。一昔前の日本では、八重歯をチャームポイントとする人を多く見かけましたが、最近では、歯並びに対する日本人の考え方も、審美から健康の獲得へと変化してきています。
歯並びを治す矯正歯科は、病気を治すのと同じように歯の正常な咀嚼機能を取り戻し、健康な身体と心をつくるための歯科治療なのです。そして治療がすめば、健全な咀嚼器官と共に健康美あふれる笑顔も手に入れることができます。
歯参考写真
不正咬合による心身への影響
悪い歯並びを総称して不正咬合といい、心身に大きな影響を与えます。
  1. 食べ物が歯の間にはさまり、歯みがきがしにくく、むし歯や歯周病になりやすい
  2. 食べ物をよくかみ砕けず、胃腸などの消化器官に負担がかかる
  3. 上下のあごの発育や、顔の成長に影響を与えて、不調和をもたらす
  4. 上あごと下あごをつなぐ顎関節に負担がかかり、顎関節症になりやすい
  5. 咀嚼筋の発達に影響を与え、筋力のバランスが崩れて姿勢も悪くなる
  6. 講音機構に影響して、正しい発音がしにくくなる
  7. 視力低下の原因になるといわれ、学力や運動能力の低下を招きやすい

不正咬合のいろいろ
叢生(乱ぐい歯・八重歯)
あごが小さかったり、あごに対して歯の幅が大きい場合に起こります。歯の生える場所が足りないので、凹凸に生えたり、重なり合って生えています。

『叢生』の症例写真はこちらをご覧下さい >>

空隙歯列弓(すき歯)
あごが大きかったり、歯の幅が小さい場合に起こります。歯の間が開いていて、歯列にすき間ができています。

『空隙歯列弓』の症例写真はこちらからご覧下さい >>

過蓋咬合
咬み合わせが深く、下の歯列が上の歯列んひ覆われて見えなくなっています。

『過蓋咬合』の症例写真はこちらからご覧下さい >>

切端咬合
上下の前歯が先端で咬み合う状態になっています。

『切端咬合』の症例写真はこちらからご覧下さい >>

上顎前突(出っ歯)
上の前歯や歯列全体が前に突き出ている状態をいいます。

『上顎前突』の症例写真はこちらからご覧下さい >>

開咬
あごを閉じて咬みあわせても、上下の歯にすき間ができています。

『開咬』の症例写真はこちらからご覧下さい >>

下顎前突①(受け口・反対咬合)
下の前歯が上の前歯より前に出ています。

『下顎前突』の症例写真はこちらからご覧下さい >>

下顎前突②(受け口・反対咬合)
あごの骨を移動させる外科的矯正歯科手術をする場合があります。その手術前後に矯正歯科治療をします。

『下顎前突』の症例写真はこちらからご覧下さい >>


矯正歯科治療の流れ
1.初診・相談
問診や視診をしながら診察します。
矯正歯科治療を始める場合には、精密検査をします。
2.精密検査
・歯の写真
・顔の写真
・歯のレントゲン写真
・歯列の模型
などの治療計画に必要な資料をとります。症状により顎関節のレントゲン写真や顎運動の検査もします。
レントゲン参考写真
3.矯正歯科診断
精密検査の結果をもとに、不正咬合の診断と治療計画・治療方法ならびに治療期間、矯正歯科料金についての説明があります。
4.治療開始
矯正歯科治療は、動的治療と静的治療(保定)の二段階に分かれています。
  1. 治療計画に従い、いろいろな矯正歯科装置を使って歯を動かし、段階的に治療を進めます。
  2. 上下の歯が計画通りに動いて、次第に正常な咬み合わせになると、最終段階で仕上げの治療をします。
  3. 動的治療が完了すると矯正歯科装置をはずし、静的治療(保定)に入ります。
  4. 動かした歯を支えて保護するために保定装置を使います。その期間は通常2,3年ですが、場合によっては成長が終了するまで必要になることもあります。
  5. 動かされた歯が完全に保定されると、静的治療も終わります。その後は、定期検診として、年に1,2回通院します。治療計画に従って、固定式や取り外し式など、いろいろな装置を組み合わせて使います。
固定式の装置
固定式装置参考写真
固定式の装置 マルチブラケット
マルチブラケット参考写真
治療内容によっては、使用できない場合もありますが、装置が目立たないような透明なブラケットを用いたり、歯の裏側にセットするなど審美性を考えたものも使われる場合があります。
取り外しできる装置
取り外し可能装置参考写真
アクセスマップページに移動する >> 無料メール相談を利用する >>
矯正歯科治療のQ&A
何歳くらいで相談したらよいのでしょうか?
不正咬合に気づいたら、すぐに相談しましょう。治療開始時期は、症状により異なります。
大人になってからも矯正できますか?
もちろん大人でも矯正歯科治療はできます。最近は日本でも、大人で矯正歯科治療をする人が増えています。年齢に上限はありませんが、成長期にある子どもは成長・発育を利用しながら治療に進められるので、条件がより有利になります。
費用はどれくらいかかりますか?
矯正歯科治療は原則として保険がきかず、特殊な治療*を除いて、自己負担になります。症状にもよりますが、一般的には総額50万くらいになります。支払い方法は分割払いも対応しておりますので相談してください。

*特殊な治療の例
外科的矯正歯科手術を併用する顎変形症の歯列矯正歯科治療等に健康保険が適応される場合があります。

歯はどんな仕組みで動きますか?
歯は、歯を支える骨の吸収と造骨という現象で動きます。これが歯の動く基本原理です。 歯の仕組み
歯を抜かなければ、治療はできないのでしょうか?
歯とあごの大きさの不調和が著しい場合は、抜歯が必要となりますが、乳歯から永久歯に代わる頃やあごの成長が旺盛な時期に治療を開始すれば、歯を抜かずに治療する可能性も高くなります。
むし歯や歯周病にかかっていても、矯正できますか?
矯正歯科治療の前に歯の検査をして、虫歯や歯周病がある場合には、先に必要な治療をすませてから矯正歯科治療をします。
治療中身に痛みはありますか?
装置を始めてつけたり、力を調整したときは、歯が浮くような感覚があります。個人差がありますが、数日でおさまります。
食事や歯みがきは、普通と同じでよいのでしょうか?
矯正歯科装置によっても多少に違いはありますが、普通の食事であれば問題ありません。装置をつけているので、歯みがきには、工夫がいります。みがき方の指導をしますから、早くそれを身につけてください。
矯正歯科治療が成功するポイントはどこにありますか?
矯正歯科治療は長い治療期間を必要とします。患者さんと矯正歯科医が協力体制と信頼関係を保ちながら、途中であきらめないよう頑張ることが必要です。

矯正歯科治療について、わからないこと、詳しく知りたいことなどがあれば、どんなことでもお気軽にご相談ください。
アクセスマップページに移動する 無料メール相談を利用する
川西市 歯科衛生士 求人
川西市 インプラント
川西市 小児矯正
川西市 矯正歯科
川西市 歯科